ロレックスをオーバーホールしよう|長く愛用する秘訣を徹底解説

ウーマン
時計

定期的なメンテナンス

ロレックスのオーバーホールは出来るだけメーカー推奨している期間で行なっておいた方が良いでしょう。時計内部のムーブメントにサビが発生した場合修理不可能になる可能性もゼロではありません。

腕時計

時計の寿命を延ばす方法

ロレックスの寿命を延ばすには、定期的にオーバーホールを行なうのが必須です。目安としては最低でも5年に1回はメンテナンスを行なうことが重要です。5年以上経過すると内部の劣化が進んでしまいます。

オーバーホールの必要性

メンズ

ロレックスは世界的にも有名な高級時計メーカーです。人によってはロレックスを身につけているだけでテンションやモチベーションが上がるという人もいるでしょう。このように、多くの人々から憧れられているロレックスですが、購入した後も長く使用し続けるためには定期的にオーバーホールと呼ばれるメンテナンスを行なうことが推奨されています。高級時計ロレックスを長い期間、愛用する上で欠かせないオーバーホールの必要性を理解しておきましょう。

まず腕時計の種類は大きく機械式時計とクォーツ式時計の2種類に分けることが出来ます。機械式とはゼンマイが動力となっているもの、クォーツ式は電池が動力となっているもののことを指しています。クォーツ式時計の場合、街の時計屋さんでも電池交換や内部のチェックを依頼することが出来ます。しかし、ロレックスのような機械式時計の場合、各パーツを分解、洗浄、注油、組み立て、調整などを行なうオーバーホールを、専門的な知識と技術を持っている時計師にしてもらう必要があります。

購入してから一定期間経過したロレックスは、使用環境や使用頻度によって不具合を起こすことがあります。腕時計は精密な部品で構成されているため、内部のゼンマイ部分の潤滑油が乾燥したり、ゴムパッキンが劣化して防水性が低下したりもします。そうなるとロレックスは正確に時を刻んでくれなくなってしまうのです。そのような事態を防ぐためにも、定期的に専門家に依頼してオーバーホールをしてもらうことが必要なのです。

ジュエリーが生まれ変わる

アクセサリー

結婚指輪などの思い入れの深いジュエリーは、時代が進むにつれてデザインが古くなったり、傷が目立ってしまったりします。そのようなジュエリーの場合リフォームを行なうことで、新しい姿へと生まれ変わらせることが出来ます。

もっと読む

おすすめリンク