ロレックスをオーバーホールしよう|長く愛用する秘訣を徹底解説

男の人

定期的なメンテナンス

時計

高級時計として世界中に愛用者がいるロレックスですが、定期的なオーバーホールを行なうことで、高い品質を長く維持させ続けることが出来ます。そんなロレックスのオーバーホールですが、人によって行なう周期が違います。メーカーが推奨している3年を目安にオーバーホールを行なう人もいれば、5年を目安にしている人、また打刻にズレが出てから行なう人など人それぞれです。

ロレックスのオーバーホールを専門的に行なっている修理メーカーの場合だと、やはり3年を推奨しているケースがほとんどです。しかし最近のロレックスの品質はかなり高くなっているため、中には5年に1度のオーバーホールでも十分という修理メーカーもいます。しかしビジネスをしている人にとっては、時計の正確性はかなり重要になるので、時間がずれてしまうのはかなり致命的です。そのため出来るだけ時計が遅れるような事態に陥る前にオーバーホールを済ませておくのが無難かもしれません。

また3年や5年など、修理メーカーでも意見が分かれるオーバーホールの期間ですが、総合的に考えると「メーカーが推奨している3年を過ぎて打刻の精度やゼンマイの持続時間に不具合があればすぐにオーバーホールを行なう」、「購入してから遅くても5年以内には必ずメンテナンスを行なう」、「サビには常に注意する」といった点を押さえておくことが大切です。特にこれらの中でもサビには特に注しておきましょう。防水性に定評のあるロレックスでも、裏蓋や竜頭に汗や塩分、垢が原因で錆が発生することがあります。サビにむしばまれたロレックスのムーブメントの場合、修理することが出来ない可能性もあります。