ロレックスをオーバーホールしよう|長く愛用する秘訣を徹底解説

男の人

時計の寿命を延ばす方法

腕時計

ロレックスは定期的にオーバーホールをすることでその高い品質をキープさせ続けることが出来ます。ロレックスは機械式と呼ばれる時計の種類になりますが、電池ではなくゼンマイ仕掛けで動いているため、一度分解してメンテナンスをしなくてはなりません。そのため電池式のクォーツ時計と比べると、修理のタイミングが分かりにくいのです。しかし潤滑油が不足してしまうと、ゼンマイ式のロレックスの場合、時計内の精密部品に大きな負荷がかかってしまいます。すると時刻が−5秒ずつズレていき、日にちが経てば経つほどその打刻の正確性は失われてしまいます。

ロレックスのオーバーホールを行なう期間としては、3年や5年など様々な意見がありますが、一般的には5年を目安に行なう人が多いと言われています。というのも最近の高級時計のクオリティはかなり高くなっているので5年程度であれば、オーバーホールをしなくてもそこまで急激に部品の消耗が進むということは、滅多なことが無い限りありません。また仮に摩耗が激しい場合でも、もともと定期的に交換が必要な部品であることがほとんどなので簡単なメンテナンス程度で済みます。

しかし5年以上、オーバーホールを行なわないのは考え物です。ロレックスの品質が高いと言っても、やはりそこは精密機械。繊細なケアが必要なことに変わりはないので、5年以上の時間経過はパッキンの劣化、サビ、交換が難しい部品の劣化を招く恐れがあります。そうなるとオーバーホールをしてもロレックスの寿命を延ばすことが出来なくなってしまうので注意しましょう。